2Dによる立体表現「Live2D」

Cubism editorによる制作フロー

原画の準備と加工

Live2Dは原画そのものを変化させていくことで立体表現を実現します。そのため、必ず最低1枚はイラスト(原画)が必要となります。原画は動かしたいパーツごとに分け、変形するためにポリゴンを割り当てる必要があります。なお、この工程はPhotoshopファイルを直接読み込む事で自動で処理することも可能です。

女の子正面イラスト

加工の元となる原画データ

パーツ別に分解した画像

動かしたいパーツごとに分解した状態

Modelerでモデルを作成

前項のデータからLive2Dのモデルを作成します。 ここでは各パーツに割り当てたポリゴンに対して「デフォーマ」や「パラメータ」等、Live2D Cubism Modelerの編集機能を使い、モデルに動きの範囲を効率的に付けていきます。なお、この工程はテンプレートを適用することである程度自動化することも可能です。

モデルの作成

Animatorでアニメーションを作成

Modelerで出来上がったモデルに演技を付けてアニメーションを作ります。 Animatorのタイムラインに沿ってキーフレームを指定していくことで、Live2Dならではの繊細なアニメーションを作る事ができます。補助ツールを使えば、Adobe After Effectsでアニメーションを付けたり、物理演算による髪揺れを付けたりできます。

アニメーションの作成

動画への書き出し・アプリへの組込み

Animatorで作ったアニメーションは、動画ファイルやGIFアニメ、連番静止画として書き出すことができます。また、アプリやゲーム用のファイルとして書き出すこともでき、色々な用途に使えます。

色々な用途に使えます

Live2D Cubism

Cubism Editor

Cubism Editor

1枚の原画から「2Dによる立体
表現」を実現する2Dモデリング
のスタンダード

詳細ページへ

Cubism SDK

Cubism SDK

Live2D モデルをスマートフォンやゲーム機でリアルタイムにコントロール。

詳細ページへ

Live2D モデル制作サービス

モデル制作サービス

モデル制作から動画制作まで、Live2Dを使ったコンテンツ制作をサポートします。

詳細ページへ

Vector Editor

Vector Editor

解像度の依存しない表現を実現する一般クリエーター向けツール

詳細ページへ

Live2Dに関するご質問やご相談はこちらから。お気軽にどうぞ!

メールフォームはこちら

3営業日以内に返信させていただきます。