Live2D

ライセンス購入/更新

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 한국어

現在、パソコン以外で
ダウンロードページを開いています。

本ソフトウェアはパソコンでご利用ください。

↓ダウンロードページのURLをコピー↓

Photoshop用スクリプト ダウンロード

Photoshop用スクリプト

パーツごとに素材分けされたPSDを、Cubism Editorで扱いやすい形にしたものをインポートPSDと呼んでいます。
そのインポートPSDを効率よく作成するためのスクリプトをご用意しました。

Live2D_Preprocess

Live2D_Preprocess

Photoshopのレイヤー構造に対して以下の処理を行い、Cubism Editorでのインポートに適したレイヤーに変換します。
このスクリプトを使用することで、グループの結合や、レイヤーマスクの適応といった作業の手間を削減でき、簡単にインポートPSDを作成することができます。

  • グループの結合(グループ名の先頭に * をつけると結合しません)
  • レイヤーマスクの適応
  • クリッピングマスクの結合
  • パス情報の削除(※1)

※1. 「PhotoshopCC2019で保存したPSDに作業用パスなどが含まれている場合、正常にインポートできない」問題の対応策として結合前にあらかじめパス情報を削除するするようにしました。

最新版をダウンロード

Live2D_Cleaning

Live2D_Cleaning

Photoshop のレイヤー構造に対して、消し残しなどの小さなゴミを取り除きます。
Cubism Editor では、離れた位置にゴミが残っている場合、モデル用画像とPSDレイヤーの対応付けが正しく行われないことがあるため、このスクリプトを使用することでより安全なインポートPSDを作成することができます。
「Live2D_Preprocess」スクリプトを実行したインポートPSDに対して実行するのがオススメです。

最新版をダウンロード