2Dによる立体表現「Live2D」

【 ニュースリリース 】 2014年1月22日

「ニンテンドー3DS」向けの開発ツール
「Live2D Cubism SDK for 3DS」の提供を開始




標準開発環境への対応でハードウェア性能を活かしたLive2D表現をサポート

 株式会社サイバーノイズ(東京都新宿区四谷4-30-18、中城哲也社長)は、同社のクリエーター向けソフトウェア「Live2D Cubism Editor」で作成した二次元モデルを、任天堂株式会社の携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS™」向けのゲーム開発で利用するためのソフトウェア開発キット「Live2D Cubism SDK for 3DS」の提供を、本日より開始いたします。




標準開発環境への対応でハードウェアを活かした表現をサポート

 「Live2D Cubism SDK for 3DS」は「ニンテンドー3DS」向けのオフィシャル開発実機と開発環境「VisualStudio」の専用プラグインに対応しており、「ニンテンドー3DS」の上下両画面表示の性能を活かしながらLive2Dの2D表現を実現するランタイムライブラリとなっています。「ニンテンドー3DS」用に最適化されたSDKを提供することで、世界で数多く販売され、なお成長を続ける巨大なゲームプラットフォーム向けの開発をサポートします。


※ニンテンドー3DSは任天堂の商標です。