2Dによる立体表現「Live2D」

『「なでなで」でキャラクターとの
コミュニケーションを魅力的に』

バトルガール ハイスクール

株式会社コロプラ

バトルガールハイスクール(以下バトガ)チームでは、女の子を魅力的に感じてもらうために様々な挑戦をしています。Live2Dもそのひとつです。Live2Dを使用することで、女の子とのインタラクティブなコミュニケーションが実現でき、女の子をより身近に魅力的に表現できるようになりました。


女の子を身近に感じる演出に挑戦

バトガの女の子たちのLive2Dはズームしてもつなぎ目や動きに違和感のないように作っています。細部にこだわりながら新しいモーションを増やし、女の子の表現をより豊かにすることで、女の子を身近に感じてもらえるような演出に挑戦しています。

「なでなで」でキャラクターとのコミュニケーションを魅力的に

バトガを開発するにあたり、女の子をより魅力的に見せる方法としてLive2Dによる表現に着目し、採用しました。バトガの代名詞ともなっている「なでなで」は、Live2Dを活用することで女の子をなでた時に、それに対する反応を見ることができます。このように、プレイヤー(先生)が女の子とより仲良くなりたいと思えるようなコミュニケーションを実現する際にLive2Dは役立っています。

Live2Dへの期待 = バトガの世界に入って女の子たちと絡みたい!

今後はよりVRに注目が集まると予想されます。バトガの世界に入りこんで、より女の子を身近に感じてみたいので、Live2D Euclidの開発に大きな期待を寄せています!!