2Dによる立体表現「Live2D」




一般ユーザーや小規模事業者(年間売上1000万円未満)による、Cubism SDKを使った出版(公開・配布・販売)に際して、この同意書の提出は不要となりました。詳しくは Live2D SDK 使用許諾契約書をご覧ください。Live2Dが提供するサンプル素材の使用については こちらのガイドラインをご覧ください。

インディークリエーター(一般ユーザー及び小規模事業者)を対象とした契約料の免除について


このページは、Cubism SDKまたは株式会社Live2Dが提供するサンプル素材を使用し、出版(公開・配布・販売)することを希望する一般ユーザーおよぼ小規模事業者(年間売上1000万円未満)向けのものです。中・大規模事業者および第三者の依頼によって、または、その利益のために活動する個人や団体は対象となりません。(中・大規模事業者による利用は、無料アプリ等の非営利目的であっても対象となりません。)



cocos2dx



免除条件を設けた背景


通常、Live2D Cubism SDKまたは株式会社Live2Dが提供するサンプル素材を使って作った映像作品やインタラクティブコンテンツ(派生作品)を配布や販売、展示する場合、お客様には、株式会社Live2Dと「Live2D 出版許諾契約」(サンプル素材使用の場合はサンプル素材に関する使用許諾契約)を締結しその契約料をお支払いいただいています。

しかし、クリエイターにとって、Live2Dを使って作った作品をより気軽に制作・公表したいと思うことは自然な願望です。株式会社Live2Dも、Live2Dをできる限り広く使っていただくことでユーザー生成コンテンツ(UGC)や2D表現の発展に寄与していきたいと考えております。

そこで株式会社Live2Dでは、一般ユーザーや小規模事業者(年間売上1000万円未満)に限り、「Live2D 出版許諾契約」(サンプル素材使用の場合はサンプル素材に関する使用許諾契約)の締結とその契約料を免除します。この免除を受けるには、本契約書記載の全ての条件(本条件)に同意する必要があります。なお、本条件に同意しても、株式会社Live2Dによって適格と認められない場合は、免除が取り消されます。









免除の条件と同意