2Dによる立体表現「Live2D」

モノ創りの喜びと苦しみを楽しみながら、世界を目指して…

代表中城写真

 株式会社Live2Dでは2006年の創業以来、ほぼ全ての資源を独自開発の映像技術「Live2D」に費やして参りました。

Live2Dは、これまで3D以外に手段が無いと思われていた本格的な立体表現を、完全に2次元で行うことを目指して開発された技術であり、「絵を描きたい」 クリエータにとって理想的な 『 描きたい通りに描き、動かしたい通りに動かす 』 ことを目標に進化を続けております。

私自身「絵を描くこと」がとても好きで、その絵を思い通りに動かすことができたならどれほど楽しいかと夢見て参りました。3Dはその夢を叶える一つの方法ではありますが、描いた「絵」を立体化する時点で、それは「絵」ではなく「彫刻」のような表現になってしまいます。

 マンガ、アニメ、イラストの多くは、現実的(立体的)な正しさよりも2次元のキャンバスでしか描けない自由な表現を求めて描かれているため、3D化して表現したのでは魅力がそぎ落とされてしまいます。Live2Dは、そのような2次元でしか表現できない魅力的な「絵」を、絵のままでダイナミックに、思い通りに動かすことを目指し、3Dと全く異なるアプローチによって実現した汎用的な映像技術です。

「クリエータが描きたい通りに描き、動かしたい通りに動かす」

 そんな夢に向かって一歩ずつ着実に進化させ、日本発の技術として世界に発信し、映像制作の世界にパラダイムシフトを起こすことを我々の使命と考え日々精進を重ねております。

 モノ創りの楽しさを味わいながら、それ以上の喜びを皆様に還元できるよう邁進して参りますので、我々株式会社Live2Dならびに Live2D を心より宜しくお願い申し上げます。

株式会社Live2D
代表取締役 中城 哲也