2Dによる立体表現「Live2D」

【 ニュースリリース 】 2013年5月22日

「Live2D Cubism」を法人向けに正式発売




ボーンデジタルとの協力で販売網を拡充
今夏には個人、教育機関向け、英語版の提供を開始

株式会社サイバーノイズ(東京都新宿区四谷4-30-18、中城哲也社長)はマンガ、アニメ、イラスト等の2Dのコンテンツを、2Dならではの魅力を保ちながら立体的かつインタラクティブに表現できる独自のグラフィック技術Live2D(ライブツーディ)の最新版ソフトウェア「Live2D Cubism(キュビズム)」を法人向けに発売いたしました。ベータ版での開発期間を経て、本日より正式版でのご提供となります。今夏には個人や教育機関向けにも提供を開始するほか、英語版のリリースも予定しています。
また、法人向け発売に伴いCG関連ソフトウェア販売の株式会社ボーンデジタルとの販売協力を開始、国内のCG関連企業や教育機関に向けた販売網を拡充いたします。

Cubism Modelerイメージ画像1

リリース記念キャンペーンの内容

5月31日までごLive2D Cubism Editorのご購入申込をいただいた方は、初年度の年間アップグレードサポート(52,500円)が無料となります。アップグレードサポートは契約期間内のアップグレードを無償で受けられるほか、メールによるサポート、セミナー等の関連イベントの優先参加などのサービスが付与される会員制度です。
お申し込み、お問い合わせはこちら



英語版の開発と二カ国語サポート

2006年から開発を進めて来たLive2Dは、二次元モデリングという新しいグラフィック技術の分野を創出し発展させてきました。近年Live2Dに対するニーズは、採用実績の増加と表現力の向上によって飛躍的に増えており、海外からのニーズも大変大きくなっています。この度サイバーノイズでは、Live2Dの本格的な世界展開の一環として英語版の開発を発表します。また、ユーザーヘルプ、チュートリアル、サポート体制においても日本語と英語の二カ国語でのサポートを行っていきます。



Live2D Cubismの概要

Live2D Cubismはラスターデータで準備された原画からLive2Dモデルを構築し動かすツールセットで、モデリングを行うModelerとモデルデータに演技(アニメ)を加えるAnimatorからなる「Live2D Cubism Editor」、そしてLive2Dモデルを各プラットフォームでリアルタイムに動かすための描画エンジンである「Live2D Cubism SDK」から構成されています。最新の3Dエンジンやゲーム開発環境にも対応したプロ向けのハイエンドツールです。

Live2D Cubismの詳しい情報はこちら



株式会社ボーンデジタルについて

株式会社ボーンデジタルは、コンピューターグラフィックスに特化した販売・出版を行っており、ソフトウェアや関連書籍の販売、サポートサービスを提供しています。
www.borndigital.co.jp



購入窓口

株式会社サイバーノイズ: http://www.live2d.com/contact
株式会社ボーンデジタル:http://www.borndigital.co.jp/contact/