2Dによる立体表現「Live2D」

応募のながれ

①Live2D Cubismを使って動画を制作

Live2D Cubismを使って動画を制作

② YouTubeに投稿

YouTubeに動画を投稿

③ 応募フォームから応募!

2014年5月1日締め切り

賞/賞品


     Wacom Cintiq13HD   +   賞金 10万円   +   トロフィー

Wacom Intuos Pro Medium


Diginnos Stick DG-STK3   +   賞金 5万円   +   トロフィー

Wacom Intuos Pro Medium

Wacom Intuos Pro Medium
CGWORLD定期購読1年分  +  FaceRigクーポン

Wacom Intuos Pro Medium

Wacom Intuos Pro Medium
Unity Asset Store Voucher $100 + Unityちゃんグッズ

Wacom Intuos Pro Medium

Wacom Intuos Pro Medium
CGWORLD定期購読1年分 + 書籍(著者サイン入り)

Wacom Intuos Pro Medium

Wacom Intuos Pro Medium
Unity Asset Store Voucher $50 + Unityちゃんグッズ

Wacom Intuos Pro Medium

Wacom Intuos Pro Medium
Live2D Cubism Editor PRO for indie + Live2Dグッズ

Wacom Intuos Pro Medium

Wacom Intuos Pro Medium
本コンテストに対象作品を応募した方には、開催終了後Cubism Editor PRO for indieが20%オフになる期間限定クーポンコードをもれなく提供!

開催概要

募集期間:

2016 年 3 月 12 日 (土) ~ 6 月 7 日 (火) 日本時間23:59

結果発表:

7月2日(土)に東京で開催される『alive 2016』で発表・表彰

募集内容:

Live2D Cubismを使って作った動画をYouTubeにアップロードし、URLを応募フォームに入力してください。
※Live2D Cubism FREE版、PRO版どちらを使っても可

対象となる応募作品:

①動画作品:Live2D Cubism Editorを使って作ったオリジナル動画
②インタラクティブ作品:Live2D Cubism SDKを使って作ったインタラクティブ作品(アプリ・ゲーム・サイネージなど)のキャプチャ動画。
※新人賞※ 過去のLive2D Creative Awardsで最終選考に入ったことがない方は、新人賞の対象となります。 詳しくは応募フォームをご覧ください。
※Live2D Cubismの使用は作品の一部分でも構いません。Live2D Cubism以外の映像コンテンツとの融合もOKです。詳しくは審査基準をご覧下さい。
※Live2D Cubism EditorおよびSDKの使用方法は制作マニュアルや書籍等のユーザーサポートをご参照ください。

応募資格:

・アマチュア(関連したお仕事につかれている方でも報酬を受けない非営利目的の同人活動や個人的趣味として取り組む場合はアマチュアに含まれます)
・年齢・国籍・職業不問
・グループ可
・複数作品の応募、過去に制作した作品の応募もOK

(NGの例)
・法人による作品
・報酬を受けて制作した作品
・商業用の作品(ただしアマチュアが最低限の対価を受け取るのはOK)*
※「最低限の対価を受け取る」とは、作品の制作に係る実費や原材料費程度の支出を補うために、非営利目的者(アマチュア)が必要最小限の対価を受領して配布することを意味します。つまり、この範囲においてアマチュア作品(アプリ・動画など)に広告を入れるのはOKです。

審査基準(審査員による採点):

・Live2Dの特徴や可能性を表現している
・2D作品としての魅力を感じさせる
・作品としての完成度が高い
『alive 2016』での結果発表への参加・不参加は審査に影響しません。

========================================

『Unity コンポーネント特別賞』の詳細:

・対象作品は、Live2Dと組み合わせて便利なUnityスクリプト(コンポーネント)やツール、エディタ拡張、もしくは完成プロジェクトなど。新作であることが望ましいが、発表済みでもOK。
・応募方法は、動画URLの代わりに、unitypackageもしくはプロジェクトの圧縮アーカイブがダウンロードできるリンク(2016年6月20日まで有効であること)を貼り付ける。必ず、取扱説明書およびデモが含まれていること。
・審査は、Unity Technologies Japanのアセットストアチームによる。
『Unity コンポーネント特別賞』についての質問については答えられない場合があります。

審査員

荒川 巧也

日本工学院専門学校ゲームクリエイター科教員。普段は学生のゲーム制作のサポートやゲームエンジンの授業を担当。その他、Unityの書籍の執筆や勉強会を主催したりしています。最近は、Live2DとUnityを使ったコンテンツの研究をしています。

あんさんぶるスターズ!開発チーム

Happy Elements 株式会社の女性向けアイドル育成ゲーム『あんさんぶるスターズ!』のLive2Dのモデリング、アニメーションの製作を担当。

工藤 菜央

株式会社A-1 Picturesデジタル制作部所属。「宇宙兄弟」、「ソードアート・オンライン」、「青の祓魔師 劇場版;」などのCGアニメーションを担当。「うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレボリューションズ」、「学戦都市アスタリスク」CG監督。

小林 信行

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン所属のコミュニティエバンジェリスト。UnityやMayaをはじめとする各種3Dツールの研究、ゲーム制作のノウハウの普及をしてます。その前は『涼宮ハルヒの追想』『涼宮ハルヒの約束』『とらドラ・ポータブル!』などの原作付きキャラクターゲームの企画&監督。

Dragos-Florin Stanculescu

「FaceRig」を開発しているHolotech Studios SRL社のCEOで共同設立者。FUN Labs社のテクニカルアートディレクターを務めるなど、13年間のゲーム開発の経験の後、よりクリエイティブな手法を追求するため、親しい友人とアバターソフトウェア「FaceRig」を開発した。

Yuan_H

2014年のLive2D Creative Award 2014では「Distance」でグランプリを受賞。その他、国際的な動画コンペティションで数多くの受賞経験をもつインドネシア出身のモーションデザイナー。現在はLive2D社のメンバーとして活躍中。

協賛・協力