2Dによる立体表現「Live2D」

セッション内容

     

FaceRigとLive2Dによる
アバターコミュニケーション

Holotech Studios

ウェブカメラを使ってアバターになりきれるソフト「FaceRig」の開発チームによる発表。なぜLive2Dを採用したのか、採用したことによるユーザーの反応、そして今後の展開についてお話しします。(英語 + 逐次通訳)

     

運用に適したLive2Dの作り方
in バトルガールハイスクール

株式会社コロプラ

学園アクションRPG「バトルガール ハイスクール」をリリースしてからはや1年。 その中でわかってきたLive2Dでの表現方法、運用方法をお話致します。

     

ボーイフレンド(仮)× Live2D
~カレ達に命を吹き込む制作過程~

株式会社 サイバーエージェント
株式会社Live2D

運命の人を探す学園恋愛カードゲーム「ボーイフレンド(仮)」 ゲーム内最上位レアリティである通称動くSSRカードは、カレ達が声に合わせてリアルに動きます。 その制作過程や狙い、裏話などを、実際の原案ラフや絵コンテ、モデルをご覧いただきながら ご説明します。

     

Live2D実験レポート
「新春渋谷ジャック」「加藤恵Project」

(株)ソニー・ミュージックコミュニケーションズ

「めざましマネージャー」の派生プロジェクトの事例紹介。 渋谷をジャック!Live2Dでアニメのプロモーション 超絶美麗原画+4K BRAVIAで魅せた「加藤恵Project」

     

Euclidモデルの作り方

株式会社Live2D

VRデモ「Live2D保健室」で登場するEuclidモデル「YUI」をどうやって作ったのか、 Euclid Editor の機能紹介を交えながら制作フローについてお話します。